レポート

水辺基盤協会さんの53pick up!に参加してきました

茨城県霞ヶ浦で25年前から水辺の清掃活動に取り組んでおられる水辺基盤協会さん主催の霞ヶ浦クリーン大作戦 「53pick up!秋の陣」に参加しました。

「53pick up!」は参加者がゴミ処理費用、傷害保険料として参加費を払ってゴミを拾う活動で「豊かな生命あふれる霞ヶ浦を後世に!」「ゴミのない水辺で魚釣りを楽しみたい!」という思いの釣り人とを中心とした清掃活動で、行政、民間企業、市民、子供達と協力し合って活動されています。

2020/11/8は304名もの方が参加されて霞ヶ浦文化体育館を拠点に徒歩や車で霞ヶ浦各地に移動して約2時間ゴミを拾いました。
集められたゴミを見ると琵琶湖では、ほとんど見かけた事がない冷蔵庫や洗濯機、テレビなど大型ゴミも目立ち、ペットボトルや瓶、ビニール袋など集められたゴミはコンテナ一杯の量になり霞ヶ浦の現状を知らされました。

また湖岸に投棄され濡れたままのゴミを大事な自家用車に積んで拾って来られる方々には頭が下がる思いで見ておりました。

今回、参加させてもらった事で清掃活動されている方々の霞ヶ浦に対する熱い思いを知り、来年は淡海を守る釣り人の会スタッフと一緒に参加して水辺を愛する者同士、子供達の未来のためにも清掃活動を継続していかなければと思いました。

(文:松村)

 .
 .
 .
前日からご案内して下さった吉田さん(左)と斎藤さん(右)。※中央は当会メンバー松村