レポート

セブンイレブン記念財団・滋賀県・守山市と協定を締結し、滋賀セブンの森を開催しました。

この度、淡海を守る釣り人の会は、セブン-イレブン記念財団滋賀県守山市と琵琶湖の環境保全に関わる10年間の協定を締結しました。

■滋賀セブンの森の看板と協定書。宮本守山市長・西嶋滋賀県副知事・藤田兵庫・京滋地区理事 ・木村当会代表

2019年11月30日、守山市の第2なぎさ公園で「第1回滋賀セブンの森」清掃活動を開催しました。

セブンイレブン様、滋賀県様、守山市様、釣り人や、地域の方々にご参加頂き、総勢約350名で活動しました。

★セブンの森 とは?

セブン-イレブン記念財団が日本各地で取り組んでいるセブンの森事業ですが、滋賀県では守山市にある第2なぎさ公園を「滋賀セブンの森」とし、一般財団法人セブン-イレブン記念財団・滋賀県・守山市・淡海を守る釣り人の会の4者が協働して環境保全活動などを行う10年間の協定を締結しました。活動拠点となる第2なぎさ公園には看板も建てさせて頂きました。

11月30日の除幕式には、
滋賀県から、副知事の西嶋 栄治様
琵琶湖環境部長の石河 康久様

守山市から、市長の宮本 和宏様
環境生活部次長の筈井 亨様

一般財団法人セブン‐イレブン記念財団から
兵庫・京滋地区理事 藤田喜生様

株式会社セブン‐イレブン・ジャパンから
兵庫・京滋ゾーン執行役員ゾーンマネジャーの桝尾威彦様

にご臨席いただき、その後の清掃活動にもご参加いただきました。

今回の活動では、滋賀県・守山市の職員様、セブン-イレブン・ジャパン様やオーナー様、そして琵琶湖を愛する釣り人ら、総勢約350名でマリオットホテル前から野洲川河口までの約2キロを5つのチームに分かれて清掃しました。

活動中は参加者全員がライフジャケットを着用し水辺の安全啓発もしました。

今後も引き続き釣り人が出来る、琵琶湖への恩返しを、長きにわたって形にしていきます。
皆様、ご協力よろしくお願い申し上げます。

☆本活動を行うにあたり、第2なぎさ公園指定管理者のゆうゆうパートナーズ様、駐車場をお借ししてくださった守山マリオットホテル様、入浴割引券を参加者全員分ご寄付頂きました守山湯元水春様には大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。

当日の様子をNPO法人碧いびわ湖さんが作成下さいました。ぜひご覧くださいませ。淡海を守る釣り人の会による琵琶湖の清掃活動(2019年11月30日)

■一般財団法人セブン‐イレブン記念財団 兵庫・京滋地区理事 藤田喜生様ご挨拶

■西嶋滋賀県副知事ご挨拶

■宮本守山市長ご挨拶

■当会代表木村挨拶

■除幕式の様子

■清掃活動の様子

■桝尾ゾーンマネジャーから子どもたちに「えがおの証明書」を授与

■セブン-イレブン・ジャパン様からドリンクをご用意いただきました

■各チーム、B・I・W・A・K・Oリーダー

■集合写真