レポート

第4回滋賀セブンの森を開催しました(関係者限定開催)

2021年7月4日(日)守山市にある第2なぎさ公園で第4回滋賀セブンの森を関係者のみで開催しました。

【滋賀セブンの森はセブンイレブン記念財団・滋賀県・守山市・淡海を守る釣り人の会が琵琶湖の環境保全、地域振興を目的として10年間の協定を締結した事業です。セブンの森事業はセブン‐イレブン記念の助成を受けて活動しています。】

当日、準備している時間帯から活動開始時間まで、小雨がパラパラしていましたが、しばらくすると雨がやみ、ムシムシしましたが、強い雨に降られることなく活動出来ました。

開会式では、

ご挨拶いただいた宮本守山市長

セブン‐イレブン記念財団山田理事、

当会の若手、大学1年生吉田、

セブン‐イレブン・ジャパン、東さんから寄付付きMLGsnanacoのご説明。

開会式を終え、今回も、湖岸の清掃活動と水辺の小さな自然再生にわかれ活動しました。

湖岸にはいつものように多くのゴミが打ち上げれていましたが、約50名の参加者で清掃をすると湖岸にはゴミがなくなりきれいな湖岸を見ることが出来ました。

水辺の小さな自然再生は1年前から開始、旧野洲川南流大川河口の再生をしました。

今回は魚類調査と漁礁作りを実施。以前はみることのなかった、テナガエビやスジエビ、ドジョウやタナゴ、ドブガイなどを確認しました。

また、河床は腐泥が堆積していましたが、砂を感じる事が出来、1年という時間をかけて少しずつ自然が再生していることを実感しました。

回収したゴミの分類調査

可燃ゴミ(45ℓ)・・・29袋

不燃ゴミ(45ℓ)・・・10袋

ペットボトル・・・900本

レジ袋・・・30枚

カップ型容器・・・210個

カン・・・150個

ビン・・・30個

閉会の挨拶では当会顧問から参加者のみなさまに感謝を申し上げました。

お昼ごはんはビワコドーターズさんの湖魚のお弁当でした。

ご参加して下さったみなさまありがとうございました。

また琵琶湖でお会いしましょう!