レポート

第11回淡海の川づくりフォーラムで受賞しました

2018/2/4(日) 今年で2回目の挑戦となる第11回滋賀県 淡海づくりフォーラムに参加しました。

昨年の模様はこちらのブログをご覧ください。「奇跡を生んだ勇気〜淡海の川づくりフォーラム」

始まる前から、昨年のマザーレイクフォーラムびわコミ会議でお話しできた方、清掃活動にご協力いただいている方から気さくにお声をかけていただき、もうアウェー感どころか、水辺を愛する仲間として受け入れていただいていることを実感できました。

清掃活動、イベント出展、研修会の開催など、この一年の成果を発表しました。

こんなにもたくさんの団体、自治体の方に、ご協力いただいています。

琵琶湖に日々浮かぶ釣り人が、琵琶湖の変化を発信し、研究者の方と共有したいという思いもお伝えすることができました。

ライフジャケット(救命胴衣)を膨らませるデモも行いました。
午前の予選の発表ではあえて膨らませず、
「みなさんライフジャケットがふくらむところ、見てみたいでしょう?あ、でももうお時間がないようですので、続きは午後に!
(遠回しに予選通過よろしく!ということです)で会場がドッと沸きました。

三日月知事にも直接、活動についてご説明できました。

今年もありがたい応援コメントをいただきました。

無事予選を通過し、午後の発表を経て、本選投票結果。
外来生物を食べてみたという衝撃を与えた玉一アクアリウム(兵庫県神戸市 玉津第一小学校)のみなさんが5票を獲得して見事グランプリに決まりました。おめでとうございます!

3票ずつ獲得した3チームの中から準グランプリを決める、最終投票に残ることができました。

その決選投票の場で、いつも清掃にご協力いただいている瀬田リバプレ隊さんが「大阪とか淡路島とか、遠くからわざわざ清掃活動のために琵琶湖まで来て、すごい」という強力な応援コメントとともに、「そのモチベーションはどこから?」と質問してくださいました。

この応援のお気持ちが嬉しくて、思わず声が詰まってしまったのですが、

毎日つらいことやしんどいことがあっても、1ヶ月後に琵琶湖に行くと思ったら頑張れる。そんな風に心の支えにしている釣り人がたくさんいるということ。

だから、琵琶湖のために貢献したいという強い思いがあること。
日々変化の激しい琵琶湖について、今釣り人が集めるデータが役立つのが10年後なのか、100年後なのかわからないけれど、まず始めることが大事。

とお伝えすることができました。

昨年から誰よりもこの活動を支援してくださっているウォーターステーション琵琶流域連携支援室の武田さんも、挙手して応援コメントをくださいました。
1年前にはじめて釣り人から連絡が来て、下流域からわざわざ瀬田川・琵琶湖に来て清掃してくれるというのが本当に嬉しくて、地元のボランティア団体の方とつなぐことができて、そこからどんどん活動が広がっているということ。

昨年の淡海の川づくりフォーラムでこの活動を知って、決選投票でも釣り人に票を入れてくださった、NPO法人近畿水の塾理事長の福廣先生。

決選投票でも票が分かれ、審査員長の中谷先生によって準グランプリは「地球研・栄養循環プロジェクト,小佐治環境保全部会」のみなさんに決まりました。おめでとうございます!

決勝に残ったチームには、活動に合った名前の賞が贈られます。
私たち 淡海を守る釣り人の会 は

淡海を育む釣り文化つくりま賞」

をいただきました。

いつもこの活動にご協力いただき、アメリカのバス釣りトーナメントに参戦しつつ日本でも釣り番組や琵琶湖の釣りガイドで活躍されているキムケンこと木村建太さんも、なんと大勢のファンが集まるフィッシングショー大阪が開催されるこの日に、フォーラムに参加してくださいました。上の写真は、キムケンさんが一眼レフで撮ってくださったものです。

会場でも懇親会でも、参加団体や行政の方と素晴らしい交流ができました。

このような機会をいただけることが、この活動を続けていくために、なによりの支えとなっています。
ありがとうございました!