レポート

第14回河川を愛する市民会議に参加しました

国土交通省ウォーターステーション琵琶で開催された、第14回河川を愛する市民会議に参加いたしました。

この会は、弊会の清掃活動にご協力いただいているNPO法人瀬田川リバプレ様の主催で、今年は河川のゴミ問題がテーマです。
光栄なことに、弊会の清掃活動も発表の機会をいただきました。活動を始めたきっかけから、地域の方との連携、凄まじい量の漂着ゴミの現状、清掃参加希望者は多いが駐車場や運営スタッフが不足しているといった課題についてご報告しました。



国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所の方も、ご自身の発表のなかで弊会の活動をご紹介くださいました。
湖岸ゴミの中に釣りゴミがあるというご指摘もあり、「捨てる人を減らし、拾う人を増やそう」という共通の目標を確認できました。

大津市環境部の方は、一般廃棄物と産業廃棄物の違いや関連法令などをご説明くださいました。

活発な意見交換ができて、とても有意義な時間を過ごすことができました。
また、これからも活動を広げてほしい、と心強い応援・後押しをいただきました。ありがとうございました!

参加者:津熊、辻本、篠原、田城